黒海

黒海(こっかい)は、ヨーロッパとアジアの間にある内海。マルマラ海を経てエーゲ海、地中海に繋がります。バルカン半島、アナトリア半島、カフカースと南ウクライナ・クリミア半島に囲まれており、ドナウ川、ドニエストル川、ドニエプル川などの東ヨーロッパの大河が注ぐ。アナトリアとバルカンの間のボスポラス海峡、マルマラ海、ダーダネルス海峡を通じて地中海に繋がっており、クリミアの東にはケルチ海峡を隔ててアゾフ海があります。 黒海に面する国は、南岸がトルコで、そこから時計回りにブルガリア、ルーマニア、ウクライナ、ロシア、グルジアであります。黒海に面する有名な港湾には、イスタンブル(ビュザンティオン、コンスタンティノープル)から時計回りにブルガス、ヴァルナ、コンスタンツァ、オデッサ、セヴァストポリ、ヤルタ、ガグラ、バトゥミ、トラブゾン、サムスンなどがあります。日本語では専ら黒海(こっかい)と呼ばれます。英語ではBlack Sea、トルコ語ではKaradeniz、ロシア語ではЧёрное море、ウクライナ語ではЧорне мореとなります。どれも「黒い海」という意味では同じです。ちなみに地中海はトルコ語でアク・デニズ(白い海)といいます。古くは、古代ギリシア名としてPontos Axeinos(the dark or somber sea)とも呼称されていました。東ローマ帝国の文書内ではPontos(ポントス)とだけ記述されている場合が多い(ギリシア語で「海」の意)。中世のアラブやオスマンの文献では、多数の名称が用いられている(ローマの海、偉大なる海、トラブゾンの海、等)。黒海という名称が文献に現れ始めるのは、オスマン帝国初期です。しかし、なぜ「黒」と形容されたのかについてはいくつかの仮説はあるものの明らかになっていません。なお、ギリシャ神話では黒海沿岸などギリシャより北方の未開地に女性だけの部族アマゾンがいて、黒海もかつてアマゾン海と呼ばれた。現にトルコ沖にはアマゾン島があります。